テレクロンデスククロック"セレクタ"

 

 

1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

文字盤周りの突起物が特徴的なTelechron社のベークライト製デスククロックです。

今回も電池式へ加工済みですので、単三電池で使う事が可能です。

 

1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック

 

電池式へ加工した事で、背面のツマミ、スイッチ、コンセントの機能は使えません。

コンセントに限ってはコードを取り付ける事で、使える様に中にパーツを残していますが取り付けるかどうかは迷いました。

取り付ける事で延長コードの様に使えますが、時計として使う場合に邪魔になってしまい逆に使う場所を限定してしまう可能性があった為に今回は無しにしています。

 

同じ物または似た様な物が見つかったら次回は、コードを取り付けて見たいと思います。

スイッチに関しては、ON/OFF/AUTOの記載があるのでタイマー機能に必要なスイッチだと思われますが、使い方に関しては資料がない為不明です。

 

あったとしてもそのまま使える物は、かなり希少だと思います。

 

1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック

 

フレームの素材はベークライトだと思っていますが、正直非常に解り難いです。

1940s-1950sの物なので、ベークライト出なくても現代のプラスチックとは異なりますので、質感や重厚感はヴィンテージ品にしか出せない物だと思います。

 

1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック

 

この突起はタイマー機能を使う際に作動する物で、手前に動かす事が可能です。

調べてみてもちゃんとした使い方はありませんでしたが、引き出している状態でスイッチを入れて時間になると引っ込み音か何かで知らせる物だったのではないかと推測しています。

 

現在は機能がいきていませんが、特徴的で他の時計には中々ないデザインですので全て残しています。

 

1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック

 

モデルは8H55で1945年から1953年まで作られていた物の様です。

モデル名などは後付けのプレートに記載されている物もあるので、こういった本体にモデル番号が入っている事で、なんとか年代なども調べられるので非常に貴重です。

 

1950年代 ヴィンテージベークライトTelechronデスククロック

 

背面の蓋を取る事で、電池交換が可能になります。

板は手を引っ掛けても大丈夫な様に研磨していますので、この状態で交換と時間の調整が可能です。

 

ただし、割れやすい素材なので取り外しには要注意です。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ CK-9 Bakelite Desk Clock"Telechron"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

スタンドライト?スポットライト?

 

 

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

通常スタンドランプやテーブルランプは、周辺又は手元などを照らす物が多いですが、こちらは上向き限定と違った使い方が出来るランプになっています。

 

オリジナル

 

1950年代 ヴィンテージカスタムスタンドランプ

剥離後

 

こちらの照明は元々ブラウンの塗装がされていましたが、塗装を剥がして素地を露出させました。

ただ、塗装を剥がしたのでは無く新品感が出ない様にあえてラフに仕上げてヴィンテージ感が出る様にしています。

変化していく表情を楽しんで頂きたいと思い、表面は錆止めなどの処理は行なっていません

 

 

1950年代 ヴィンテージカスタムスタンドランプ

 

スイッチは新しく交換する事も考えましたが、一部だけ違和感が出てしまうのでオリジナルの物をメンテナンスして使用しています。

シルバーとブラスのゴールドの組み合わせは意外と合っています。

 

1950年代 ヴィンテージカスタムスタンドランプ1950年代 ヴィンテージカスタムスタンドランプ

 

表面は細かな傷や若干の塗装が残っていますが、それらがある事でヴィンテージ特有のアジが出ています。

 

1950年代 ヴィンテージカスタムスタンドランプ

 

ソケットやコードなどはメンテナンスの際に新しく交換ずみで、コードは迷いましたがやはり布コードのアイボリーを取り付けています。

 

1950年代 ヴィンテージカスタムスタンドランプ

 

このスタンドランプは、上向き限定ですのでウォールアートなどお気に入りを照らす際のスポットライトして活躍してくます。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-12 Steel Industrial Stand Lamp

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

当時をリスペクト。

 

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

電球を世に送り出した事で知られるGeneral Electricのデスククロックをご紹介いたします。

 

過度な装飾がなく非常にシンプルですが、特徴的な針、文字盤のデザイン、フレームのバランスが良くどんな場所においても馴染んでくれる程よい存在感とサイズです。

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

時計の年代は、おおよそ1940年後半-1950年前半頃だと思われます。

針のデザインや文字盤の数字などアール・デコデザインらしい特徴ですが、見た目だけではなく見易く実用性もしっかりとしています。数字と数字の間の目盛りも実用性を重視する上ではとてもありがたいです。

 

こちらはすでにメンテナンスを行い、電池式になっていますが針は加工をしてオリジナルを使用していますので当時の風合いもしっかりと残っています。

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

General Electricのロゴがありますが、底には貴重なプレートも残っています。

モデルは7H140ですが当時のカタログを見ると7HA140というモデルも存在していたようで、見た目には違いが無く中のムーブメントの違いでモデル名を変えていました。

 

底のプレートに関しては、シールタイプになっている物もあるので、年代なのか作られた工場の違いなのかわかりませんので調べ甲斐があります。

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

背面はオリジナルから変えていませんが、実際の機能は無く全て飾りになります。

使用する際には背面は見えないので残す必要は無いのですが、この部分は当時のデザインをリスペクトして残しています。

 

因みに穴が空いているのは、本来電源式だった為にここからコードを通していたからでパーツで塞げずに残しています。

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

今の新品ではあまり考えられませんが、この時計のフレームは贅沢にも無垢材が使われておそらくはウォルナットでは無いかと思います。

仕上げは無垢材を生かして傷などを消すのでは無く、あえて残してワックスで仕上げていますので自然なツヤで木材の本来の質感を蘇らせました。

 

1940年代 ヴィンテージG.Eデスククロック

 

中身は電池交換が簡単に出来る様に加工していますので、新品同様にお使い頂けます。

電池の交換方法はホームページをご確認下さい。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ CK-8 Desk Clock"GENERAL ELECTRIC"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

変化を楽しむ。

 

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

Unknown Frunitureでは、基本的にメンテナンスは内部だけ行い外見に関してはオリジナルを重視していますが、中にはガラッと雰囲気を変えてしまう物もあります。

こちらの照明はその一つで、オリジナルの塗装を剥がし粗目に素地を露出させました。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

こちらがオリジナルになります。

元はブラウンの塗装で所々に塗装剥げがあるものの、これはヴィンテージ品であればアジと捉えられる程度ですが、何となく味というよりはキズに近く雰囲気を台無しにしている様でしたので、思い切って塗装を落としました。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

ソケットや中のコード類も交換が必要ですので、塗装を剥がす際にすべて分解したついでに交換もしていきます。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

パーツ構成はシンプルで難しい事はありませんので、塗装剥がしを進めていきます。

今回の塗装剥がしでどの程度まで仕上げるかを考えましたが、バフ掛けまでしてピカピカにしてしまうのは個人的に好みではないので、磨き跡が残り素地の色味とデザインをみて決めていきます。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

こちらのスタンドライトにはスイッチがあるものの動きが悪いので、交換の予定でしたが交換品が新品の為一部だけが浮いてしまう可能性があり迷いましたが、オリジナルの物を分解しました。

幸い破損などは無くほこりや汚れで動きが鈍くなっていたので、クリーニングと磨きを行いスムーズに治りました。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

磨き後です。

磨き跡がのこりつつも程よい反射で、ヴィンテージ感は損なわれていないと思います。

残りは組み上げで、通常はここでサビが出にくくする為に表面をクリア塗装などの処理をしますがこちらは行いません。

 

使い方や使う場所によって様々な表情に変わっていく事を楽しんで頂きたいからです。

ヴィンテージ品は表情の変化を楽しむことが出来ませんが、これは半世紀経ってさらに楽しむ事が出来ます。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルスタンドライトメンテナンス

 

それではまた。

 

ホームページへのアップは後日になります。

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

 

メンテナンス再開。

 

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

長らく放置していた時計のメンテナンスが完了したので、ご紹介いたします。

 

1940年代のtelechron社製の置き時計になります。

本来は電源式でタイマー機能が付いていたようですが、実用レベルでは無いと思いますので電池式へカスタムを行います。

本体は恐らくベークライトだと思いますので、破損しないように気をつけて作業を進めていきます。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

まずは背面の蓋を外します。

電源式の為、モーターやコードなど色々な物が入っていますが、全て取り外していきます。

見た目に関してはなるべく変えずに作業を行いますので、そのまま残す物と不要な物を把握します。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

一旦、取り除いた状態ですがここから先がとても重要になります。

今回は少し複雑な構造なので、記録に残す為にも写真を取りながら作業を進めていきます。

 

古い物を直す時は、資料がみつからない場合が多々あるので、少し分解しては写真を取るというとても手間が掛かる工程で進めていきます。

この工程を省いて後悔した事があるので、今では必ずしています。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

文字盤の周りにある沢山のパーツは、タイマー機能を使用する時に使うみたいですが、電池式にする為デザイン上でのみ残す形になります。

ただ、分解はもちろん組み立ての際にも非常に厄介でした。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

主な使用パーツになります。

元々は沢山のパーツがありましたが、実際に使う物はそれほど多くありません。

これから、ムーブメント取り付けや針の加工などを進めます。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

ムーブメントはただ取り付けるだけなので難しい事は無いように思いますが、実はここが非常に重要なのです。

文字盤からの針を取り付ける部分の出具合が重要で、ここが出過ぎていれば針がガラスにあたり正常に動かなくなり、逆に引っ込み過ぎていると文字盤に針が干渉して同じく正常に動かなくなるので、文字盤からガラスの寸法に合わせてムーブメントを取り付けます。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

ムーブメントが付いたら仮で正常に針が動くかを確認します。

その間に他の部分の加工もすすめます。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

手前二つはムーブメントの電池取り外しの関係で、切り取っています。

ここまでくれば完成はもう少しですが、タイマーのパーツ取り付けが大変でしたね。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

メンテナンス前と比べてみてもほとんど同じになっています。

タイマー機能は気になるので、同じ物を探して個人的に使ってみたいと思いましたね。

ただ、正確では無いのであくまで飾りとしてになるはずです。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

切り取った部分が丁度、ムーブメントの電池と時間調整のダイヤルがある位置になります。

素手で触っても怪我をしないように板はちゃんと削っていますので、安心です。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

これで見た目は元どおりになりました。

コンセント、スイッチも機能はしませんのであくまでデザインとなります。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONベークライトデスククロックの修理

 

最終チェックとして、24時間正常に動くかを見て完了となります。

 

ホームページに商品のアップも最終チェック後となります。

 

それではまた。

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

ベークライトのソケット。

 

 

1940年代 ヴィンテージMonowattベークライトソケットランプ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

照明用のソケットに使われている素材は真鍮製、アルミ製、陶器製などありますが、ヴィンテージ品にし使われていない素材があります。

それが、ベークライトと呼ばれている物で初期のプラスチックになります。

今でもベークライトは一部使われていますが、現代ではより安価で大量生産が可能な物に変わった為に基本的には使われなくなった素材です。

 

ただ、現代のプラスチックには無い魅了があり、ベークライトのコレクターもいる程です。

個人的にも好きな素材です。

 

1940年代 ヴィンテージMonowattベークライトソケットランプ

 

プラスチックというとテカテカのツヤがあるイメージですが、ベークライトは落ち着きのあるツヤで並べてみるとよく分かります。

そして、現代の物に比べると重みがあり質感もしっとりとしていて、チープな印象は無くむしろ高級があり重厚な佇まいです。

 

ただ、プラスチックには変わりないのでヴィンテージ品の多くは欠けていたり破損している物が多く、コンディションがいい物は希少でサイズが大きくなればなるほど金額も高価になっています。

1940年頃までは沢山の製品に使われていましたので、照明はもちろんラジオや扇風機、電気製品、ボタンなど色々な物があります。

 

こちらのソケットも1940年代頃の物ですが、通常のソケットとは違い珍しい形になっています。

電球を取り付ける口金とは別にコンセントの差込口が付いていて、ボールチェーン仕様にもなっています。

 

1940年代 ヴィンテージMonowattベークライトソケットランプ

 

コンセントは両サイドにありますので、低めに取り付けて延長コードして使う事も可能ですが、ボールチェーンは電球のON/OFF切り替えに使用するものなので、コンセントは常時通電となります。

口金サイズは、E26ですのでLED電球、白熱電球問わず使えますがコンセントも使う予定の場合はLED電球にして頂くとソケット周辺が熱くなりません。

 

1940年代 ヴィンテージMonowattベークライトソケットランプ

 

色は黒っぽく見えましたが、実際はブラウンベークライトになります。

メーカーは、アメリカのMonowattでヴィンテージ品の中でも1950年代以前の物になります。

 

裸電球としてお部屋に取り付ける際も金属製の物とは違い柔らかい印象ですので、空間に合わせてお使い下さい。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ PL-5 Bakelite Socket Lamp"Monowatt"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

スイッチを楽しむ。

 

 

1940年代 ヴィンテージLEVITONベークライトトグルスイッチ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

店舗などで見かけた事がある方も多いこのタイプのスイッチは、ヴィンテージ品の中でも人気があり、アメリカだけではなくフランス製やドイツ製など色々あります。

こちらは、アメリカのLEVITON社の物になります。

 

1940年代 ヴィンテージLEVITONベークライトトグルスイッチ

1940年代 ヴィンテージLEVITONベークライトトグルスイッチ

 

スイッチにも構造的な部分で種類があり、こちらは取り付け端子が2つですので片切りと呼ばれていて、簡単に言うとON/OFFのみが出来る物です。

通常は壁に取り付けてその壁から出ているコードと接合するのですが、ベースを見ていただくとコードの逃げ道がありますので、実は工事をせずとも使う事が可能です。

ただ、どちらにしても専門的な知識が必要になりますので簡単に出来るとは言えません。

 

1940年代 ヴィンテージLEVITONベークライトトグルスイッチ

 

このタイプのスイッチは年代特定が難しいですが、ベークライト製カバーのデザインがアールデコらしく縁にダイヤ型のマークがありますので、おそらく1930s-1940s頃だと思われます。

デッドストックではありませんが、珍しくベークライトのカバーには欠けや亀裂などありません。

 

1940年代 ヴィンテージLEVITONベークライトトグルスイッチ

 

1940年代 ヴィンテージLEVITONベークライトトグルスイッチ

 

古いスイッチなどを実際に使用する場合、不安だと思われますが店頭で扱っている物はすべて分解、磨き、通電確認を行っています。

ただ、こういった古い物を取り付ける場合は現代の物に比べて慎重かつ丁寧に行わないと壊れてしまいますので、ご注意下さい。

特に電動工具はご法度です。必ず手動で取り付ける必要があります。

 

見た目も良いですが、切り替えの際のパチンパチンという音はビンテージならではの感触と音です。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ EL-2 Switch"LEVITON"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

カスタムランプ。

 

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

こちらはインダストリアルランプの中でも人気があるグースネックタイプのデスクランプですが、良く見かける物とは少し違った形をしています。

通常はシェードが下向きで光が当たるようになっていますが、こちらは正面に灯りがくるようになっています。

本来は照明器具ではなかった物をカスタムしています。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ

 

ヒートランプという物をご存知でしょうか。

簡単に言ってしまえば、電球部分に熱源がある暖房器具でイメージすると電気ストーブが一番近いです。

 

本来は照明用の電球が付けられる様にはなっていませんでしたが、加工を行いソケットを取り付け照明器具にしました。

ヒートランプの名残で、シェードにケージが付いていますが外しても外さなくてもお好みで使えます。

 

ただ、ケージがある事で使用できる電球に制限ができる為、使いたい電球がある場合はケージを外してお使い下さい。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ

 

色味は渋めなブラウンですが、マットな仕上げではなく半艶程度のツヤ感があり表面のちりめん塗装との相性も良く、1950年代頃のアメリカビンテージらしさがあります。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ

 

ベースにスイッチがありますが、そのまま使えたのでコードのみ交換してオリジナルのままにしています。

全体が同じ仕上げになっていますが、素材は、ベース、アーム、シェードで違いベースは鋳鉄製でしっかりした重さがあるので倒れる心配はありません。

 

1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ1950年代 ヴィンテージインダストリアルカスタムデスクランプ

 

ヒートランプぽい電球を付けてみましたが、中々雰囲気が出ていますね。

ただ、この電球ですと実用性はありませんので、用途に合わせて電球を変えてご使用下さい。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-10 Desk Lamp"Knapp-Monarch"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

インダストリアルスタイル。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック

 

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

ビンテージ品の中でも人気のあるインダストリアルですが、インダストリアルといっても様々な物があります。

主に工場などで使われていた物を呼びますので、無骨でシンプルなデザインが多いです。

 

こちらの時計もスチール製のボディにオクタゴン型、フォントも見易くこれぞインダストリアルな時計です。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック

 

メーカーはアメリカのTELECHRON(テレクロン)社製です。

この手の時計を修理する上で大変な事が一つあり、それは針の素材です。

時計のサイズに比例して針のサイズも大きくなりますが、重要なのは素材でメーカーや年代によって針が重く通常のムーブメントで修理が行えない場合があります。

そうなる針の重さを変える加工が必要になるので、非常に時間がかかります。

 

幸いこちらは、その加工が必要ありませんでしたのでスムーズに修理を行えました。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック

 

文字盤はボディの無骨さと相性も良くバランスの取れたフォントデザインになっています。

分刻みの表示も良く作業場などでも一目で時間がわかり易くなっていますね。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック

 

文字盤下に社名が入っていますが、Warren Telechron Coの記載はWarren Clock Coの移行後かつG.Eと合併する前のみなのでおそらく1926年〜1946年の間の物と判別が可能ですが、実は分解して修理を行なっている場合は、中のローターユニットで造られた年代が分かるようになっています。

 

1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック1940年代 ヴィンテージTELECHRONインダストリアルウォールクロック

 

背面のボックスを外すとムーブメントが入っていますので、簡単に電池交換が可能です。

電池交換の頻度は多くありませんが、動かなくなった際に原因がすぐに分かるのも交換をするメリットになります。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ CK-3 Industrial Wall Clock"TELECHRON"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

灯りをかえる。

 

 

1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

今回は少し変わった照明用パーツをご紹介します。

画像のシェードランプは特に変わった部分はありませんが、実はこのシェードの使い方が珍しいです。

 

1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター

 

1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター

 

金属製のシェードは特に珍しい物ではありませんが、アダプターを使って使用するのはあまり見かけない仕様です。

アダプターがある事で、通常取り付けが出来ない照明器具にも使う事が可能になります。

店舗などで多く使用されているソケットランプなどは、通常裸電球として使いますがこのセットがあれば照明器具を変更する事なく一部だけシェードランプにする事が出来ます。

 

E26サイズで一般的な電球と同じサイズになりますので、選択肢も多いです。

 

1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター

 

取り付けが出来る電球はE26サイズになりますので、元から付いていた電球を使う事も出来ます。

アダプターはビンテージ品を使っていますが、クリーニング、サビ落とし、通電チャックをしていますのでそのまま使用が可能です。

内側がホワイトになっていますので、多少W数を抑えた電球でも反射をして少し明るく照らしてくれます。

その為、明るい物を使うと思っている以上に眩しくなる可能性もあります。

 

1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター

 

金属製のシェードに関しては、アダプターの仕様によってはシェードに通電してしまう可能性がありますが、ちゃんとアダプタのー口金部分(金属)とシェードが接触しないようになっていますので、問題なく使用可能です。

 

1940年代 ヴィンテージインダストリアルランプシェード&アダプター

 

ソケットランプに取り付けるとこんな感じです。

違和感なく取り付けられますので、新品、ビンテージ問わずソケットランプなどに使えて重量もありませんので、照明器具にチェーンが付いてないくても大丈夫です。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ EL-12 Steel Shade & Adapter

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture