今を楽しむ。

 

 

1970年代 ヴィンテージLEVITONソケットランプ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

本来であればこの時期は日が落ちるのが遅くなる為、自宅にいる時間よりも外にいる時間が長い事が多いです。

ただ今は外出するよりも自宅にいる時間が長くなり、照明器具に灯りをつける時間も長くなっていますので、ポジティブに考えて灯りを楽しむ時間も長くなったと思いましょう。

 

1970年代 ヴィンテージLEVITONソケットランプ

 

今では白熱電球、LED電球問わず色々な形、色温度がありますので照明器具を交換せずに電球のみで灯りを楽しむ事が可能です。

色温度に関しては用途によって変わってきますが、くつろぐスペースは電球色などにして優しい光でいつもり肩の力を抜いて過ごしてみては如何でしょうか。

 

1970年代 ヴィンテージLEVITONソケットランプ1970年代 ヴィンテージLEVITONソケットランプ

 

照明器具や建物に調光機能がある場合は、好みの明るさに調整できるのでより灯りを楽しむ事が可能です。

ただ、調光機能に関しては電球によって使えない物もあり、白熱電球は基本的に全て調光可能でLED電球は調光対応タイプのみ使用可能です。

 

少しでも気分が上がる毎日を過ごせる様にしていきましょう。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ PL-1 Aluminum Socket Lamp"LEVITON,USA"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

万国共通の遊び。

 

 

1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

外で遊ぶ事が出来ない為、おもちゃ屋では人生ゲームなどのボードゲーム非常に売れているみたいです。

古いボードゲームはとてもかっこいいのですが、遊び方が分からないので仕入れでは買わない様にしています。

 

万国共通な遊びといえばやはりカードゲームですので、本日はこちらのカードゲームをご紹介します。

 

1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム

 

1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム

 

レザーケースに入ったカードゲームで、右下には1933年に行われたシカゴ万博の焼印が入っています。

おそらく万博期間中に会場で販売されたお土産用の物だと思われますが、詳細は不明です。

ただ、この状態で完全に残っているのは非常に希少で大抵の物はケースが破れていたり中身がなかったりですが、おそらくほとんど残っています。

 

1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム

 

カードはトランプと同じ絵柄、数字ですがスコアのノートとルールブック?の様な物の使い方が全く分かりません。

専用のゲームではないので、カードを使って私たちがよく知るゲームで遊ぶ事は可能です。

 

ルールブックに1935と年代が入っていますので、全て当時のオリジナル品が揃っている様です。

 

1930年代 ヴィンテージレザーケース入りカードゲーム

 

何よりこのカードの素晴らしい所は、カード面の絵柄です。

当時らしい線と女性のイラストがクラシックで、これだけでも価値があります。

 

今ではやっていませんが、カードゲームしながら飲むお酒は非常に楽しく盛り上がります。

お酒はなくても楽しめる物ですので、いかがでしょうか。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ TY-6 1933 Card Set"Chicago Worlds Fair"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

 

カバーを変える。

 

 

 

1940年代 ヴィンテージベークライトスイッチカバー

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

明日から4月ですが全くそんな空気が無いように感じます。

そんな時だからこそ見慣れた物を少し変えて見るのも良いと思います。

 

こちらはトグルスイッチ用のスイッチカバーです。

今では店舗や一般のご家庭にも使われているので、さほど珍しい物ではありませんが日本で手に入るスイッチカバーは種類が少なく使われている素材やデザインも限られています。

 

1940年代 ヴィンテージベークライトスイッチカバー

 

素材はベークライト製、年代はおおよそ1940年代頃の物になります。

現代のプラスチックとは違い重厚な雰囲気に落ち着いたツヤでチープな印象はなくむしろ高級感すら漂っています。

 

アール・デコデザインらしく直線的なデザイン装飾が施されています。

 

1940年代 ヴィンテージベークライトスイッチカバー

 

取り付けてしまえば見える事はありませんが、内側にメーカー名とUSAの刻印が入っています。

基本的にアメリカ規格のトグルスイッチ用ですので、日本規格の物には使用が出来ません。

 

1940年代 ヴィンテージベークライトスイッチカバー

 

ブラウンベークライトですが、付属のビスはブラックになります。

オリジナルは付属していませんでしたので、ビスはアメリカで探した現行品の物になります。

 

日本でも簡単にアメリカ規格のトグルスイッチが手に入りますので、店舗などで取り付けた方はカバーをそのまま交換が可能です。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ EL-1 Bakelite Switch Plate"MM"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

耐える。

 

 

1960年代 ヴィンテージ貝殻シェード

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

先週の週末は外出自粛の影響でUnknown Frunitureはお休みとさせて頂きましたが、毎日のニュースで必ずコロナウィルスの感染者数

が増えているのでこれからも先が見えない苦しい状況が続きそうです。

 

Unknown Frunitureは少し変わった場所にあり、初めてのお客様は辿り着かない所ですがそれでも感染の事とを考えると営業を考えてしまいます。

そういった場所だからこそ事前にご連絡を頂いて、気になる商品だけをピンポイントで見にくる事が可能です。

 

店舗が休みになっていてもメールなどでのお問い合わせはいつでもご対応致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

尚、ご来店の場合は事前にご連絡を頂き店舗へご案内致します。

 

1960年代 ヴィンテージ貝殻シェード

 

自宅にいる時間が長くなりますので、この機会に灯りをより楽しんで頂きたいです。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ EL11 Shell Clip On Shade

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

遊びながら学ぶ。

 

 

 

1960年代 ヴィンテージフラッシュカード

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

現在コロナウィルスの影響で在宅勤務や外出自粛になっていますが、大人は色々とやる事がありますが子供はとても大変ですね。

いつ収束するか分かりませんが、頑張っていきたいですね。

 

本日はお手軽に学べるアイテムのご紹介です。

 

アメリカらしいポップなイラストのフラッシュカードです。

 

1960年代 ヴィンテージフラッシュカード

 

 

学習教材というと堅苦しいイメージですが、アメリカの物は子供からすれば楽しそうな雰囲気で始められそうですね。

一見古く無さそうですが、約半世紀前と中々の古さです。

 

年代が古いからといって中身が違って見る事は無く、現代もちゃんと使う事は可能です。

 

1960年代 ヴィンテージフラッシュカード

 

1960年代 ヴィンテージフラッシュカード

 

このフラッシュカードは、答えが隠れているタイプになります。

全て引き算で問題のレベルとしては、小学一年生程度だと思います。

 

1960年代 ヴィンテージフラッシュカード

 

一人で学習しても面白くありませんので、フラッシュカードのカルタみたいな遊びがあっても良さそうですね。

カードをバラバラに置いて答えを読み上げて取るみたいな形で、何人かで行えば遊びながら学べそうですね。

 

楽しんで学んだ事は、以外と身に付きますのでおすすめです。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ TY-1 FLASH CARDS"Milton Bradley"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

キャンドルの様に。

 

 

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

生活の中で欠かせない灯り。

今では新しい物、古い物問わずどこでも手にれる事が可能です。

私は古い物を扱っているので、どうしても好みはヴィンテージ品になってしまいますが新し物にも惹かれる事が多いです。

好みを決めてしまうと良いと思った物が偏ってしまうので、なるべくフラットに見る様に心がけてはいます。

 

その為、Unknown Frunitureではカテゴリーに縛られるず私が良いと思った物を買い付けています。

 

こちらのスタンドランプは、年代もそこまで古くなく珍しい形でもありませんが、経年変化した真鍮の表情が良く何よりもシンプルだからこそ取り入れやすいデザインになっています。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

ソケットはUSA製のLEVITONでレギュラータイプになりますので、おそらくアジア生産に移行する前の1970年代頃の物だと思われます。

現行品でもLEVITONはランプソケットを作っていますが、生産がアメリカでは無くなっています。ただ、古い物を修理する際は基本的に現行品を使用していますので、ブランド自体が残っているのは非常にアンティーク屋としては助かります。

 

ちなみにこちらもシェルはオリジナルで、インナーは現行品にしています。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

1960年代移行のソケットは、基本的に非分解式なので壊れたり不具合があった場合は修理が出来ず交換となります。

修理パーツは国内では扱っている所が少なく、アメリカから入手をしないといけないのですが、メーカーは基本的に直接海外へ送ってもらう事が出来ないので、輸送会社などを通す必要があり思っているよりも大変です。

 

その為、古い物が好きな方はこういった修理パーツをストックしているお店を知っていると、いざ照明器具が使えなくなって場合もパーツを譲ってもらえるか修理してもらえますので、見つけたら是非仲良くして下さい。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

ほとんどが真鍮製なのですが、一部樹脂パーツを使用しています。

この画像のキャンドルカバーが樹脂製で、アメリカで見つけた時にはすでに補修済みでしたがメンテナンスの際に新しく交換予定だったのもののカバーだけが、新しくなり違和感があったので使用には支障がない為このままオリジナルを使用しました。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

経年による真鍮の風合いと少しやけたキャンドルカバーが合わさって、全体的にビンテージらしいアジが出ています。

雰囲気は非常にいいですが、ゴテゴテとした装飾も無くシンプルですのでキャンドルスタンドの様にテーブル上に置いても使い易く色々なスタイルに合わせ易いと思います。

 

実際のキャンドルの直火はなく電気式ですので、安心してお使い頂けますので是非現代の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-11 Brass Stand Light

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

小さな収納アイテム。

 

 

1960年代 ヴィンテージkodakフィルムカン

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

大きな物を仕舞う収納アイテムは色々とありますが、以外と無いのが細々した小さな物を収納するアイテムです。

個人的に色々と探してたどり着いたのが、カメラのフィルムカンです。

こちらはコダック社のフィルムカンで、素材はアルミ製の為軽量ながら落としたりしても壊れない頑丈さも持ち合わせています。

 

1960年代 ヴィンテージkodakフィルムカン

 

現在全部で6店の在庫がありますが、少しづつ増やしていく予定です。

同じ様に見えますが、貼られているデカールは全て違い、経年変化による本体の風合いも全て違っています。

 

1960年代 ヴィンテージkodakフィルムカン

 

こちらの6点のサイズは全て同じで、直径が6cm程とコンパクトなサイズです。

何を入れるかは使う場所によって変わってきますが、個人的にはデスクやカウンターで使用する細かな物を収納するのがおすすめです。

小さなクリップや輪ゴム、タグなどの良く使う物を手に届く場所に置いても邪魔にならないコンパクトなサイズになっています。

銀塩カメラが趣味の方は、そのままフィルムケースとしてお使い頂きたいですね。

 

1960年代 ヴィンテージkodakフィルムカン

 

沢山並べてステンシルなどで、分かり易く管理して見せるのも個人的にはおすすめです。

 

こういったヴィンテージ品は、生活の中に取り入れやすいので是非お使い下さい。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ GO-28 Film can"Kodak"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

 

 

アナログタイプ。

 

 

1940年代 ヴィンテージベークライトベルスイッチEAGLE

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

毎日当たり前に使っているドアベルですが、現代ではドアベルのみを採用している住宅は少なくインターホンとセットになっている事がほとんどですが、古い建物では今でも使われています。

 

インターホンに慣れてしまっていますが、アナログ式も以外に悪くありません。

 

1940年代 ヴィンテージベークライトベルスイッチEAGLE

 

こちらのスイッチはベークライト製のベルスイッチです。

ドアベル用ですが、このスイッチ単体では使用が出来ずベルが別で必要になります。現在、ベル機能のみの玄関ベルをお使いの場合はスイッチを交換いただければお使い頂けます。

 

インターホンには対応していませんので、使える場所が限られてしまいますがベルやブザーなどを別で用意して後付けをすればどんな場所でも使う事は可能です。

 

1940年代 ヴィンテージベークライトベルスイッチEAGLE

 

電線での接続が必要ですが、ベルなどを電池式タイプの物にする事で取り付けの危険は少なく接続も難しくありませんので、自分の部屋用や店舗の一部の部屋に使うなどでDIYする事も可能です。

もちろんちゃんとしたベルへの接続も可能です。

 

1940年代 ヴィンテージベークライトベルスイッチEAGLE

 

メーカーはEAGLEで年代はデザインからみておおよそ1940年代頃だと思われます。

テストでブザーに取り付けて確認した所、しっかりと反応しましたので飾りではなく使用可能です。

 

色々な使い方が出来ますので、是非ビンテージ品を現代の生活に取り入れてみては如何でしょうか。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ EL-5 Bakelite Bell Switch"EAGLE"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

家具の修理も行なっています。

 

 

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

Unknown Frunitureでは、今の所大きな家具は数点しか取り扱っていないのですが修理に関しては行なっています。

お持込またはお引き取りでお受けする事が可能です。

 

今回はお持込で椅子の座面張替えを行いました。

 

オリジナルの生地は、コーディロイ素材でパックリ裂けてしまっていますので、新しくしていきます。

 

 

張替えですので裂けてしまっている物は取り外していきます。

元の生地は使う事はありませんので、取り外しに気を使わずドンドンタッカーの針を外していきます。

 

 

実は作業中の画像を撮り忘れてしまい張替え後の写真しかありません。

これで完成ですが、実は初歩的なミスで使用していたタッカーの針の予備がない事に気が付かず、裏地の不織布が取り付けられていませんので、届き次第完成となります。

 

照明器具や時計のカスタム以外にも家具の修理も行なっていますので、直したい物がありましたら一度ご相談下さい。

 

それではまた。

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

生活に取り入れる。

 

 

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

天井吊り下げ照明は一度決めて取り付けてしまうと中々交換する機会がありませんが、スタンド型のランプは使う場所などによって色々な使い分けが出来ますので気軽に取り入れやすいです。

Unknown Frunitureでも色々な物を取り扱っていますので、本日はその中でもデスクランプとしてオススメの物をご紹介いたします。

 

1960年代 ヴィンテージバンカーズデスクランプ

 

1960年代 ヴィンテージバンカーズデスクランプ

 

ベースがペンスタンドとインクボトル置きになっている珍しいデザインで、シェード部分はバンカーズランプを思わせる形状になっていることから、一般向けに販売されていた物だと思われます。

バンカーズランプは長時間作業をする前提で目に優しく疲れにくくする為に、ガラス製に緑のカラーリングのシェードが使われています。

 

当時はまだ万年筆が主流だった為、インクボトルのスペースがあったと思われます。

こういった部分を考えると年代などもある程度わかってくるので、非常に興味深いですね。

 

1960年代 ヴィンテージバンカーズデスクランプ1960年代 ヴィンテージバンカーズデスクランプ

 

ソケットはオリジナルが劣化していた為に現行品に交換していますが、同型の物を使っていますのでオリジナルと見た目は殆ど変わりません。

一概には言えませんが、1960年代以前の物はソケットが基本的に真鍮製の物が多く使われていますのでこのタイプのソケットを使っている場合は、1960年代以降だと思われ、なおかつ全体のデザインとオリジナルで使われていたコードやプラグから考えて1960年-1970年前半だと思われます。

 

ちなみにコードやプラグは消耗品ですので、こちらも新しく交換しています。

 

1960年代 ヴィンテージバンカーズデスクランプ

 

こういったデスクランプにありがちな注意点として、シェードが金属製の為使用する電球によっては高温になってしまう事です。

現代では白熱電球と変わらない色温度で見た目も良いLED電球がありますので、雰囲気を損なわずに実用性を高める事が可能です。

 

現代の生活にヴィンテージ品を取り入れてみては如何でしょうか。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-9 Gooseneck Bankers Desk Lamp

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture