メンテナンスご依頼品"1920s Japanned Stand Lamp"

 

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

先日、メンテナンスを行なった照明です。

こちらはお店のものではなくご依頼頂いた1台です。

 

見る限りコードも布コードに変わっているので、メンテナンスが一度された物だと思われますが

いつ頃行われたのかは不明ですので、日常的に使える様に新たにコードなどの交換をしていきます。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

ソケット内部にサビが発生していて、埃や汚れも目立ちますので分解してクリーニングを行います。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

まずは分解して各部のクリーニングと磨きを行います。

今回、ジャパンカラーのコンディションがいいので表面は汚れを取る程度にしています。

いつもの様にサビなどを落とす様にクリーニングをすると雰囲気が変わってしまうので

注意が必要です。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

オリジナルのソケットを使いますが、そのままでは使用が危険な為

可能な限り分解をしてサビや汚れを除去します。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

接点部分にサビがあると接触が悪くなってしまい電気が点かなくなる要因になります。

1940年代頃までのソケットは分解が出来る様になっていますので、細かいパーツまでサビ落としが出来ますが

高年式になるとリベット留めになってしまい分解が出来なくなります。

スイッチが無い物は分解せずにクリーニングが出来ますが、スイッチ付きの場合はごっそり交換となります。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

サビ落とし後組み上げていますが、作業前とあまり変わらない様に見えますが

内部はしっかりと綺麗にしています。

この年代のパドルスイッチは、破損している物が多いですがこちらは亀裂も入っていなく

コンディション良好です。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

一見問題なさそうだったインシュレータも力を加えて見ると

ボロボロと崩れてしまったので、交換となります。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

コード交換、ソケットクリーニングなどの作業を行い完了です。

コンセントプラグは、そのまま使用しています。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

シェードホルダーが付いていますので、恐らくはシェードをつけて使用する物だと思いますが

そのままでもいい雰囲気ですね。

 

それではまた。

 

※Unknown Furnitureではご購入頂いていない照明の修理なども

お受けしていますので、お持ちのビンテージ品でメンテナンスや修理を

お考えの場合は、一度ご相談下さい。

大まかな金額もお伝えする事が可能です。

 

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

コメント