メンテナンスご依頼品"1920s Japanned Stand Lamp"

 

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

この所ありがたい事にメンテナンスのご依頼が増えてきています。

ビンテージ品も使ってこそだと思いますので、修理してでも使いたいと思って頂けれるのは

私としては嬉しい限りです。

 

こちらはご依頼頂いた1台。

ご依頼内容は、コードの交換と日常的に使える様に必要な部分の交換です。

 

非常にコンディションが良くそのままでも使えそうですが

ソケットやコードなどは作業が必要です。

今回はソケットは古い物ですが、オリジナルを使用する為交換では無く

分解して各部磨きを行います。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

コードは見る限り一度交換されている様でしたが、いつ交換された物か不明ですので

当然交換です。

ソケットに関しては、インシュレーター含め消耗品の交換などを進めます。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

すでにクリーニングが完了した画像ですが、細かな部分まで磨いて埃などを除去していますので

新品とまでは言いませんがそれに近いコンディションになっています。

 

ソケットの分解は、慎重に行わないとビスが折れたり陶器部分が破損したりする可能性があります。

もちろん破損した場合は、元に戻す事が出来ず使用不可です。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

作業前と比べるとあまり変わっていない様に思いますが、清潔な布などで拭いても汚れが無い状態です。

この年代のソケットに多いパドルスイッチの破損もありませんでしたので、おそらく使用頻度は多くなかったか

倉庫に眠っていたのかもしれません。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

インシュレーターの交換ですが、今回はファットボーイソケットになりますので

いつも使っているレギュラータイプでは無くインシュレーター専用の物を用意しました。

 

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

分かりにくいですが、右はファットボーイ用、左がレギュラータイプです。

 

一見するとなんて事ないパーツですが、非常に重要で個人的にはコードを交換する際は必ず交換が必要ですが

新しく交換されていたりする場合もありますので、既存の物の状態で交換するかどうかを決めます。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

完了。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

コンセントプラグは既存の物を使っていますが、ちゃんとクリーニングなどを

行なっています。

 

1920年代ジャパンカラービンテージスタンドランプメンテナンス

 

照明器具はやはり明かりが点くとより雰囲気が良くなりますね。

 

それではまた。

 

※Unknown Furnitureではご購入頂いていない照明の修理なども

お受けしていますので、お持ちのビンテージ品でメンテナンスや修理を

お考えの場合は、一度ご相談下さい。

大まかな金額もお伝えする事が可能です。

 

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

コメント