長年眠っていた一台

 

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

久しぶりの更新となってしまいましたが、サボっていた訳では無いんです。

内装作業や家具製作を行なっていた為、店舗にいる時間があまり無かった為に更新が滞ってしまいました。

家具製作などは後日、ご紹介させて頂きます。

 

本日はビンテージ市場でも人気のあるシザーランプのご紹介です。

全体的に埃や汚れが酷く長年使われずに眠っていたのだと思います。

これから、本来の素敵な姿へ蘇らせます。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

長年眠っていたので、サビや劣化が酷く使える物は本体ぐらいです。

ここまでのサビを落とす事は困難ですがなんとか磨いて本来の輝きに戻してあげたいです。

 

取り敢えずは分解しない事には始まりませんので、分解します。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

パーツ構成はシンプルで、数も少ないです。

アームも分解出来ましたので画像にはありませんがもう少し細かく分解しています。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

これからサビとの戦いです。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

如何でしょうか。

メンテナンス前に比べると輝きが全く違います。

ビンテージらしさは無くしたくなったので、バフ掛けなどは行わずサビを磨いて落として手作業でツヤ出しをしています。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

ソケットは使う事が出来ませんので、同じ形状の物に交換します。

照明用のソケットは素材などの種類は少ないですが、形は非常に多くビンテージ品の修理をする為に色々な物のストックが必要です。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

全てを組み付けて完成です。

光を反射して元の輝きに戻りましたね。

 

コードは布コードでは無く目立たないようにビニール素材のクリアコードを使用しました。

 

1960年代クロームシェードシザーランプメンテナンス

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ WL-12 Chrome Scissor Wall Lamp

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

コメント