照明メンテナンスご依頼"1930s Bakelite Stand Lamp"

 

 

1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

以前に比べてインターネットが主流になってきた事により、色々な物が手に入りやすくなり

古い物も例外なく、個人が海外から入手する事も可能になりました。

 

ただ、入手しやすくなってもそれがちゃんと使える物かの判断は極めて難しいです。

 

1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス

 

こちらの照明は海外でご購入されてコードの交換などのメンテナンスをご依頼頂きました。

メンテナンス内容は、インナーソケット、インシュレーター、コードの交換とクリーニングです。

 

難しい作業はありませんが、主な素材がベークライトの為作業中の取り扱いは要注意です。

 

1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス

 

1930年代頃のアールデコ期の物ですが、コード、インナーソケットからみて恐らくは1970年代頃に一度手が加えられています。

この年代のベークライト製品は欠けなどがある物が多いですが、こちらはコンディションが良好で大切に使われてきた事が分かりますので、これからも長く使える様にしていきます。

 

1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス

 

コンセントプラグ以外はすべて現行品を使いますので、外見は1930年代を維持したまま中身は新品となります。

劣化のあるコードはもちろんスイッチ式のソケットはいずれ不具合が出てしまうので、同じ形の物が手に入るのであれば交換は必須です。

古い物なので、手に入らない場合でも分解して各部の磨きや調整は必須です。

 

1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス

 

コードを通す部分は金属製の為、メンテナンス中や使用時に動いて傷つけてしまい断線の危険がありますので、必ずキズつけ防止のパーツを取り付けます。

今回は穴に直接取り付けるブッシングという透明なパーツを取り付けています。

下部だけではなくソケット側にも取り付けています。

 

1930年代ヴィンテージベークライトスタンドランプメンテナンス

 

完成。

 

Unknown Furnitureではご購入頂いた商品以外の修理やメンテナンスも承っていますので、海外で手に入れたものや長らく使っていてメンテナンスをしたい物

 

それではまた。

 

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

などありましたら是非お問い合わせ下さい。

コメント