プロ用から一般用へ。

 

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

珍しい形の照明で、最初はプロジェクターだと思っていましたが調べてみると医師の検査用ライトだと分かりました。

コードなども付いていないので、このままでは使えない為メンテナンスを行います。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

先ずはカバーなどを外して中身のチェックです。

検査用という事でしたので、特殊な構造だと思っていましたが以外にもシンプルな構造でした。

ただ、ソケットやコードの取り回しなど色々と手を加えないといけない様です。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

一番の悩みどころはソケット部分です。

ねじ込み式では無くピン式なのですが、この部分はさほど問題では無く口金、接続部分の露出がとても危険です。

電気を付けた際に常にこの部分にも流れますので、露出をしていると何かの拍子に触ったり、他のパーツが干渉したり、埃などがたまったりなどで火傷や燃えたりととても危険です。

 

その為、磨いて使うという事はせず新しく交換をしますがサイズが決まっているので合うものがあるのか探さなければいけません。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

一旦、全てのパーツを分解してクリーニングと加工を進めます。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

加工前

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

加工後

 

調べてみるとこちらの検査用ライトは本来、壁付けやスタンドやフロアランプとしてベース下にパーツがある様です。

今回は上部の本体のみしかありませんのでコードの逃げ道が無い為、穴を開ける加工を行います。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

内側のパーツ同様外側のカバーにも穴を開けます。

外側はベークライト製の為、破損しない様に注意が必要でした。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

クリーニングが終わり、交換用のソケットも届きましたのでこれから組み付けとコードの取り付けを行います。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

新しく交換する物はE12サイズで、サイズもほぼ同じ物が見つかりました。

コードの接続部、口金がしっかりと隠れていますので安心して使う事ができます。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

完成。

 

1930年代ヴィンテージ検査用スタンドライトメンテナンス

 

スポットライトの様に一部分を照らすには、丁度良さそうです。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-17 DOCTOR EXAMINATION LIGHT"BURTON"

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

 

 

コメント