大切なデスクランプ。

 

 

1980年代 ヴィンテージデスクランプ修理

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

現在メンテナンス依頼で、デスクランプを預かっていますので本日はこちらの作業を進めていきます。

こちらは、Unknown Frunitureでご購入された物ではありませんが、元々お持ちだった物でも修理、メンテナンスはお受けしています。

 

長らく大切に使用されていた様ですが色々な部分に劣化があり、これからも使い続けられる様にとご依頼頂きました。

まずは、現在がどの様な状態かを把握していきます。

 

1980年代 ヴィンテージデスクランプ修理

 

本来はシェードが付いているのですが、ソケットが破損してネジ切り部分が完全にダメになっています。

補修や修理は出来ないので、交換になりますがUnoタイプのソケットでプッシュスイッチ、そしてアルミ製と限定されてしまいますので、ストック品の中にあるか探してみないといけません。

 

インナーソケット、インシュレーターは現行品の物がありますので、交換となります。

コードはビニールコードが使われていますが、同じ物は恐らくありませんのでいつも使用しているブラウンコードに交換予定です。

コンセントプラグは、より線をそのままビスで固定していますので端子を使った安全な方法で取り付け直します。

 

1980年代 ヴィンテージデスクランプ修理1980年代 ヴィンテージデスクランプ修理

 

ソケット内部ですが、こちらもより線をそのままソケットに取り付けているので、より線がばらけてしまい最悪ショートする可能性もあり危険でした。

そしてガラスチューブや収縮チューブなどでコードを保護していないので、劣化でコードが硬くなっていてこちらも危険です。

 

1980年代 ヴィンテージデスクランプ修理

 

コードやインナーソケットは、問題ありませんが、このシェルに関しては少し手強いですね。

まずは同型の物を探して、シェードに取り付けられるかを確認後、雰囲気が合う様に表面を加工します。

ただ、色味に関して同じは難しいので全体的な雰囲気を合わせます。

 

1980年代 ヴィンテージデスクランプ修理

 

一旦、分解して次は必要な物を用意してから作業を進めていきます。

完成次第、ご紹介致します。

 

それではまた。

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

コメント