Double Head Lamp

 

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

手配していたパーツが届いたので、ダブルヘッドのスタンドランプのメンテナンスを行いました。

錆などで固着ひどく思っていたよりも大変でした。

 

とりあえず各部チェックをしていきます。

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

コード、プラグの劣化がありソケットもオリジナルのままの為、予定通り消耗品を交換してソケットなども新品にしていきます。

ベース内部のコードの接続からみて、1灯、1灯、2灯、OFFになる組み合わせですので、スイッチが使用出来る事を祈ります。

 

全て分解していきます。

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

この状態にしてから各部クリーニングを進めていきます。

画像では、すぐに分解してありますがサビによる固着でシェードが全く外れず体力の7割ぐらい使って何とか外れました。

やはり一筋縄ではいかないのがヴィンテージ品です。

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

やはりソケットはオリジナルをそのまま使うのは危険なので、新品に交換します。

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

クリーニング前に比べると表面の汚れが落ち素手で触っても錆など付着しなくなりました。

表面だけではなく、内側も適度に磨いて錆を落としています。

 

残りは組み立てになります。

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

スイッチは確認した所、通電していましたのでオリジナルをそのまま使用します。

スイッチに関しては、他の部分に比べて劣化がないので恐らく新しく交換されているかもしれません。

 

接続に関してはコードが沢山あり大変に見えますが、電気の流れが分かるとスムーズに行えます。

ただし、この部分は接続を間違えると電気が点かないだけではなくショートして大変危険ですので、経験がない場合は手を加えない様にして下さい。

 

1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス1960年代 ヴィンテージダブルヘッドスタンドランプメンテナンス

 

問題なく作動していますね。

 

本日完成したばかりですので、詳細は後日ホームページへアップ致します。

 

それではまた。

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

コメント