キャンドルの様に。

 

 

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

生活の中で欠かせない灯り。

今では新しい物、古い物問わずどこでも手にれる事が可能です。

私は古い物を扱っているので、どうしても好みはヴィンテージ品になってしまいますが新し物にも惹かれる事が多いです。

好みを決めてしまうと良いと思った物が偏ってしまうので、なるべくフラットに見る様に心がけてはいます。

 

その為、Unknown Frunitureではカテゴリーに縛られるず私が良いと思った物を買い付けています。

 

こちらのスタンドランプは、年代もそこまで古くなく珍しい形でもありませんが、経年変化した真鍮の表情が良く何よりもシンプルだからこそ取り入れやすいデザインになっています。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

ソケットはUSA製のLEVITONでレギュラータイプになりますので、おそらくアジア生産に移行する前の1970年代頃の物だと思われます。

現行品でもLEVITONはランプソケットを作っていますが、生産がアメリカでは無くなっています。ただ、古い物を修理する際は基本的に現行品を使用していますので、ブランド自体が残っているのは非常にアンティーク屋としては助かります。

 

ちなみにこちらもシェルはオリジナルで、インナーは現行品にしています。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

1960年代移行のソケットは、基本的に非分解式なので壊れたり不具合があった場合は修理が出来ず交換となります。

修理パーツは国内では扱っている所が少なく、アメリカから入手をしないといけないのですが、メーカーは基本的に直接海外へ送ってもらう事が出来ないので、輸送会社などを通す必要があり思っているよりも大変です。

 

その為、古い物が好きな方はこういった修理パーツをストックしているお店を知っていると、いざ照明器具が使えなくなって場合もパーツを譲ってもらえるか修理してもらえますので、見つけたら是非仲良くして下さい。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

ほとんどが真鍮製なのですが、一部樹脂パーツを使用しています。

この画像のキャンドルカバーが樹脂製で、アメリカで見つけた時にはすでに補修済みでしたがメンテナンスの際に新しく交換予定だったのもののカバーだけが、新しくなり違和感があったので使用には支障がない為このままオリジナルを使用しました。

 

1970年代 ヴィンテージ真鍮キャンドル型テーブルランプ

 

経年による真鍮の風合いと少しやけたキャンドルカバーが合わさって、全体的にビンテージらしいアジが出ています。

雰囲気は非常にいいですが、ゴテゴテとした装飾も無くシンプルですのでキャンドルスタンドの様にテーブル上に置いても使い易く色々なスタイルに合わせ易いと思います。

 

実際のキャンドルの直火はなく電気式ですので、安心してお使い頂けますので是非現代の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-11 Brass Stand Light

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

コメント