シェードランプの魅力。

 

 

1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

古い物はヴィンテージ、アンティーク、オールド、ユーズドなどと様々な呼び方をされ、呼び名によって年代などが違っていますが、個人的にはそこまで気にする必要はないと思っています。

これから古い物を初めて取り入れてみたいと思う方は、気にせずに自分が良いと思った物を使って頂きたいです。

初めて古い物を取り入れる場合やインテリアに興味を持ちはじめて方は、まず照明器具から入るのがおすすめです。

 

1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ

 

こちらの照明器具は、おおよそ1970年代頃の物で直火で使われていた際のテーブルランタンをモチーフにした物になります。

素材はプラスチックになりますが、珍しい組みわせもあってチープな印象は全くありません。

むしろ現代でも取り入れやすいデザインだと思います。

 

1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ

 

本体、ホヤ、シェードの組み合わせで、ホヤとシェードは何かで固定されている訳ではなく乗せているだけでになりますが、ホヤはしっかりとはめこまれているので、外れる事はありません。

ただし、ホヤを破損した場合シェードも使用が不可になるので注意が必要です。

 

1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ

 

口金はE26になりますので、日本でも簡単に入手が可能です。雰囲気を出す為にキャンドル球がオススメです。

鍵型の部分は、スイッチになっていて回転させる事でON/OFFの切り替えが可能です。

機能的でデザイン性もあり、何よりこの部分がある事で全体的にクラシカルな印象になっています。

 

1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ

 

シェードは基本的に紙ベースですが、表面は2種類の紐で編み込まれやデザインになっています。

今まで色々な物を見てきましたが、このシェードは初めて見ます。というよりも紙ベースの物は破れる可能性が高いので当時流行ったデザインだけども、物として物っている個体数が少ないのではと思っています。

 

1970年代 ヴィンテージランタンスタイルテーブルランプ

 

本体部分にも同じデザインのパーツが組み込まれていますが、こちらはシェードよりも今日があります。

 

シェードは色々な素材、デザインがありますが、どれも優しい灯りを灯すので、初めて手に入れる物としてはとてもおすすめです。

 

ちなみに私が初めて手に入れたヴィンテージ品は、地球儀型のスタンドランプになります。

 

ヴィンテージを現代の生活に取り入れて見ては如何でしょうか。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→ SL-13 Lantern style Table Lamp

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

 

コメント