オリジナルが好き。

 

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

アンティークやヴィンテージといった物は種類に限らずオリジナルの状態が好まれる場合が多いです。

個人的にもオリジナルが良いとは思いますが、一番はちゃんと使えるかが重要です。

こちらのソケットランプは、1920年代頃の物になりますが珍しく破損がありませんでしたので、分解とクリーニングを行いました。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

シェル&インナー共にP&Sになります。

このメーカーは1920年代頃のBryantやHubbellと同じく希少なランプソケットになります。

このスイッチをパドルスイッチと呼びますが、古い物の多くはこの部分が割れてしまいインナーソケットが交換されていますがこちらは割れもなくインナーもオリジナルになっています。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

スイッチもカチッカチッと音がしますので、問題無さそうですが古い物なので、一旦分解して各部の磨きとクリーニングをしていきます。

新しい物に交換してしまえばいいのですが、折角オリジナルですのでいかしたいと思います。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

インシュレータは縁が少しボソボソとなっていますが、押しつぶしても割れていませんのでおそらくは同年代の物に交換されたと思います。

状態が悪い物は、力を加えるとボロっと崩れてしまい使い物になりませんので、今回は全てオリジナルを使います。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

破損などはありませんが、埃と汚れがあり接触部分も錆びていますので綺麗にしていきます。

この年代の物はこうやって分解して各部を点検、磨きができますが高年式は非分解となりますので、基本的には交換となります。

1970年代頃からは殆どが非分解式になります。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

スイッチも大丈夫そうですね。

ソケットの構造は基本的に殆どが同じになているので、一度作業を行えばそう難しくはありません。

ただ、そこまでやるかどうかという問題はありますが。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

クリーニング後

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

 

あまり変わっていない様に思いますが、スイッチの動きがスムーズになったのと中身は綺麗になっています。

あとは、コードなどを取り付けて完成です。

 

1920年代 ヴィンテージソケットメンテナンス

完成

 

こうやって手を加える事で、少しでも安心して使えると思いますがあくまで古い物と認識を忘れないで頂きたいです。

 

それではまた。

 

ホームページへは後日アップ致します。

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

 

コメント