ギリギリの間隔。 

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

こんにちは。

Unknown Frunitureのサナシンです。

 

前回メンテナンスした時計は、表面にガラスがついていないタイプでしたが

今回はサイズも小さくなり更にガラス付きになります。

 

オリジナルはモータで針を動かすコンセント式の為、電池式に変更です。

 

950年代 Wall ClockWestClox

 

行う作業は大きくは変わりませんが、小さくなる事で大変なのはクオーツムーブメントと

針のおさまりです。

これが本当に大変なのです。

 

とりあえず中身の確認をしていきます。

 

950年代 Wall ClockWestClox

 

見る限り一度中を開けて何か作業をした形跡があります。

電源用のコードがカットされているので、もしかしたら直そうとしていたのかもしれません。

 

日本ではヘルツが混在しているので、コンセント式での修理は使う場所を

限定する為、余程の理由が無い限り電池式での修理になります。

 

950年代 Wall ClockWestClox

 

950年代 Wall ClockWestClox

950年代 Wall ClockWestClox

 

一旦外せる部分は取り外して、使える部分といらない部分に分けますが

コンセント式の場合、モーター部分が丸々使わなくなる為それに付属するパーツが

必要ないのでほとんどが残りません。

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

今回必要で残した部分はほぼ無く、オリジナルの形を残す為に

リューズ部分を残したのみで、文字盤以外は必要ありませんでした。

 

ムーブメントもしっかりとおさまり最大の難関である針の加工と調整をします。

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

針に関しては、オリジナルを使用していますがそのままでは使う事が出来ないので

加工してムーブメントに付くようにします。

 

過去前の画像を見ていただくと分かりますが、オリジナルは秒針が一番下になっていますが

多くの時計は秒針が一番上に来ますので、ムーブメントもそういった仕様になっています。

 

作業前は、下から秒針、時針、分針でしたが

加工後は、時針、分針、秒針になります。

 

問題は順番が変わる事で、おさまるかです。

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

ガラスはドーム状になっていて上の画像は、秒針がガラスに干渉して正常に回らず

高さを変える事は出来ないので、それぞれの針の形状を少し変えます。

 

秒針をガラスの形状に合わせる事で時針、分針の形状もそれぞれ干渉しない様に

少しだけ加工をして、それぞれ2mm程の間隔をとっています。

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

加工後はまず仮組で1時間程電池を入れて動きを確認します。

一番多いのは秒針がガラスと分針に干渉して正常に動かない事です。

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

背面のカバーは、黒の塗装が汚れすぎていたので見えない箇所ではありますが

ついでに塗装をはがしてしまいました。

 

1950年代 Wall ClockWestClox

 

これで完成となりますが、これから1−3日程は時間のズレなどを確認して正式に商品となります。

 

時計のメンテナンスは色々と作業も多く時間もかかりますが、現代で使うために必要な作業です。

 

それではまた。

 

商品詳細はこちら→1950s Wall Clock"WestClox

 

 

Unknown Furniture

shop@vintage-unknown.com

 

ホームページ

https://vintage-unknown.com/

 

インスタグラムアカウント

unknown_furniture

 

 

コメント